家賃保証の利点と注意点|一棟買いによる不動産運用は不動産会社選びが鍵

一棟買いによる不動産運用は不動産会社選びが鍵

家賃保証の利点と注意点

女の人

賃貸経営を行なうにあたり最も懸念されるのが、空室リスクによる問題です。多くの人が賃貸物件をローンで購入するかと思われます。当面の期間は賃料収入がローンの返済へとプールされるケースが多く、空室になってしまうとオーナーに高額の負債が発生してしまうのです。そのような不安を解消したいのであれば、家賃保証会社のサービスを利用すると良いでしょう。家賃保証会社では入居者の有無に関わらず、毎月一定額の賃料が受け取れます。物件管理にかかる手間を家賃保証会社に任せることができるので、オーナーとしての作業負担が軽減されるのも家賃保証会社を利用するメリットの1つです。家賃保証会社を利用する際は、賃料の10%~20%を支払う必要があります。そのため、賃貸物件に関しては、管理会社の利用を検討した上で運用シミュレーションを考えておくと良いでしょう。
しかし、家賃保証を利用する際は、事前に確認しておかないとならない部分もあります。それが免責期間です。保証会社では契約してから60日間は、オーナーに家賃を支払わないという免責期間を設けています。保証会社によっては免責期間が半年にも渡る場合があるので、事前に確認しておくことが求められるのです。その他では、一方的に家賃の値下げを交渉される場合もあります。中途解約で違約金が発生したケースなども報告されているため、保証会社選びがとても重要になるのです。中には悪徳業者による被害もあるため、保証会社はプランだけではなく評判や実績を持って精査するようにしましょう。