家賃の決め方|一棟買いによる不動産運用は不動産会社選びが鍵

一棟買いによる不動産運用は不動産会社選びが鍵

家賃の決め方

模型と電卓

失敗のない不動産運用で大切となるのが、家賃相場の決め方です。家賃相場によって入居者の確保に大きく影響するといっても過言ではないぐらいに、重要なポイントとなります。家賃相場を決める際には、物件があるエリアの家賃相場を調べる必要があります。間取りや築年数・設備等を考慮した上で家賃相場を算出しましょう。管理会社などに家賃価格を提案することができますが、多くの場合で安い家賃相場価格が提案されてしまいます。
大まかな家賃相場が決まれば、次は不動産運用の方法を検討しましょう。もし、ローン支払いが長期間に渡る場合は、相場価格よりも割高に設定しておく必要があります。住宅は築年数が経過するにつれて、物件価格も下落していきます。いつまでの同じ賃料のままという訳にはいかないのです。そのため、入居者の確保がしやすい期間で、今後の値下げ分の回収を行なうという訳です。また、今後転売を検討している場合でも、家賃価格は割高に設定しておく必要があります。
これらの判断ができたら、いよいよ価格を設定する作業に移ります。家賃を設定する際のポイントとして、自分一人で決めてはならないという点が挙げられます。仲介業者や不動産会社のサービスを利用して、設定した価格が適正かどうかを判断してもらいましょう。階数や方位によっても、家賃価格は変動します。このような物件によって異なる特徴は、プロに精査してもらった方が正確でしょう。これらの条件を踏まえた上で適切に家賃設定を行なうことで、不動産運用の大きなポイントです。