一棟買いによる不動産運用は不動産会社選びが鍵

家賃の決め方

模型と電卓

不動産運用を行なうにあたり大切となるのが、家賃の設定です。適切な価格に設定するためにも、物件の価値やエリアの家賃相場をしっかり精査するようにしましょう。また、仲介業者から助言をいただくのも効果的です。

もっと見る

家賃保証の利点と注意点

女の人

安定して賃料収入を得る方法として、家賃保証は非常に効果的です。しかし家賃保証を利用する際には、事前に確認しておく点があります。ここでは家賃保証のメリットと注意点を併せて解説します。

もっと見る

理想的な不動産会社とは

集合住宅

アパートやマンションの一棟買いによる不動産運用は、高額の費用がかかることから不動産会社選びが最も重要なポイントとなります。不動産会社では数多くの物件を取り揃えています。しかし、一棟買いとなると物件数が制約されてしまうのが実情です。そのため、数少ない物件数から最適な物件を探し出す必要があるのです。利益追求型の不動産会社は、物件を所かまわず売却しようと働きかけます。そのため、オーナーがきちんと物件の状態を判断できる視点を持っておくことが求められるのです。
優良な不動産会社であれば、一棟買いに対して売買や仲介だけではなく、資金計画の提案や運用後の経営戦略まで幅広いサポートをしてもらえます。購入後のサポート能力が不動産運用の成否を運命づけると言っても過言ではないでしょう。不動産会社を選ぶポイントとして、土日休みの会社が良いと言われています。一般住宅向けの不動産会社は、利用者に合わせて土日に営業している会社が多いのですが、不動産運用に特化している会社は法人を対象としているケースが多いため、法人に合わせて土日に休みをとっている傾向にあるのです。また、ネームバリューで不動産会社を選ぶのは避けた方が良いでしょう。投資向けの一棟買いを行なう場合は、地域密着型の不動産会社が好ましいのです。運用方法に適った地域の情報などを多く所有していることが多く、先見の目が重要となる投資に有益的な情報が入手できるメリットがあります。このような点から、一棟買いは不動産会社選びが鍵と言えるのです。

利益の出し方

積み木

収益物件にはキャピタルゲインや、インカムゲインといった利益の出し方があります。大阪のエリアや物件の条件によって適した運用方法は異なります。失敗のない不動産運用のためにも、日ごろから市場動向などを意識することが重要です。

もっと見る